スタッフ増員!

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、6月より新しいスタッフの方が加わりました!
プロフィールは こちら から。
新スタッフ共々「あにZねす」を更に盛り上げて参ります。
今後とも当サイトをよろしくお願いします。
(*・ω・)*_ _)ペコリ

ゲーム

エムステがついにサービスイン!315プロのアイドルが動く!動くぞおおお!【アイドルマスターサイドエム ライブオンステージ】

投稿日:

10月からアニメ放映が決定している「アイドルマスターSideM」ですが、アニメ放映に先駆けて新作スマホゲーム「アイドルマスターサイドエム ライブオンステージ」のサービスが2017年8月30日から開始されました。

いよいよ「アイドルマスターSideM」のアイドルが動く姿を見られるとあって、2017年2月の制作発表時には大きな話題にもなりました。

そこで今回は全国のプロデューサーさんと未来のプロデューサーさんに向けて、「アイドルマスターサイドエム ライブオンステージ」がどんなゲームなのかを紹介していきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アイドルマスターSideMとは?

「アイドルマスターSideM」(以下、「Mマス」)は、アイドルマスターシリーズの作品の1つで、アイマスシリーズでは唯一男性アイドルをプロデュースできるゲームになっています。

またアイドルたちがユニットを組んでいて、ユニット単位でのストーリーが濃く描かれているのもMマスの特徴です。

男性アイドルをプロデュースするゲームとあって、一見すると女性向けにも見えてしまうゲームなのですが、そんなことはありません

女性が黄色い声援を送りたくなる王道のカッコイイアイドルから、男性が野太い声援を送りたくなる可愛いアイドル(男の子なんですけどね)まで登場するので男女問わず楽しめるゲームなんです。

それに、夢に向かって輝こうと頑張っているアイドルを間近で見ていると、どの子も可愛く思えて男性でもMマスのアイドルを応援したくなっちゃうんですよ!

理由あってアイドル!

Mマスの舞台・315プロダクションに所属するアイドルは、Mマスのキャッチコピーに「理由(ワケ)あってアイドル!」とあるように、なんらかの理由があって前職を辞めた子たちがアイドルの道を志しています。

なので集まってきたアイドルたちも、元子役の小学生から学校の先生をしていた30代まで、経歴も個性も豊かな子ばかり。

そんな理由アリの子たちが集まっているためか、アイドルマスター作品では珍しく履歴書なんてものが各アイドルに用意されています。

これを見てみると、どのアイドルも熱い「」や「パッション」を持ってアイドル活動を頑張っていることがわかります。

エムステで、歌って踊る315プロのアイドルをプロデュース!

Mマスのことが分かってくると、「アイドルマスターサイドエム ライブオンステージ」(以下、「エムステ」)の公式サイトにやれうなるレジ打ち!だの、やれ光るメス!だのと、訳の分からないアイドルに関係なさそうな言葉が並んでいるのも納得できますね。

エムステは、そんな個性が爆発している315プロダクションのアイドルたちをプロデュースをしたり、歌って踊る姿を見ることができるゲームになっています。

ちなみに配信開始から9月24日まで、事前登録数突破キャンペーンとリリース記念ログインボーナスでガチャも回せる課金アイテム『Mスター』2000個が全員に配られています。

プロデューサーさん!チュートリアルをクリアしてすぐに10連ガチャを回せるのは今だけですよ!今だけ!

さあ、担当アイドルをプロデュースしよう!

エムステには大きく分けて、『プロデュース』モードと『ライブ』モードがあります。

『プロデュース』はいわゆるメインストーリーとなるモードで、進行していくとアイドルたちの物語を解放することができます。

『プロデュース』では、ライブパートに向けてアイドルたちの『モチベーション』を高めるため、ライブ開催までにお仕事のスケジュールを組んでいきましょう。

『モチベーション』が高いほど、アイドルたちはライブパートで高いパフォーマンスを発揮できるようになります。

イベント』、『番組出演』、『リハーサル』、『休憩』と4種類あるお仕事から、アイドルへお仕事を振ることができます。

選んだアイドル以外はランダムでお仕事を始めています。(それでいいのか、プロデューサー?)

他のアイドルが既に仕事をしているところにアイドルを入れるとアイドル同士の『』が深まっていき、誰も居ないお仕事を振るとプロデューサーとの『信頼度』を高めることができます。

『信頼度』を上げていくことでドルの個別ストーリーが開放され、『絆』を上げていくとライブ中に特別なパフォーマンスを見れるようになりますよ!

そんなこんなで、ライブ開催週になるまでモチベーションを上げたら、いざライブパフォーマンスです!

アイドル別のストーリーも

『プロデュース』とは別に、アイドルの成長を個別に感じることができる『アイドルメモリー』というのもあります。

アイドルの新しいカードを手に入れたり、『信頼度』を高めていくことで開放されていきます。

アイドルがスカウトされた由来など、アイドル個人を深く知ることができるエピソードを読めるので、「担当プロデューサーは必見!」な内容になっていますよ!

エムステならではのライブが見れる!

では待望の『ライブ』を見ていきましょう!

『ライブ』では自分が持っているカードから好きなアイドル5人を選んで、ステージ上でパフォーマンスさせることができます。

『プロデュース』モードの終わりだけでなく『315ライブ』からも自由に楽曲を選んで遊ぶことができますよ。

リズムゲーム部分は、画面下に1箇所あるスポットめがけて上からアイコンが振ってくるので、タイミングよくタップやフリック、同時タップ、長押しをしていくことでスコアを稼いでいきます。

同僚のプロデューサーさんに向けてみると、「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ」や「アイドルマスターミリオンライブ! シアターデイズ」のような一般的なリズムゲームではなく、「アイドルマスター プラチナスターズ」のライブパートを想像してもらえれば分かりやすいかと!

そして何と言っても、315プロのアイドルたちが動いてるんですよ、これ!

男性アイドルらしいパワフルな動きがちゃんと表現されているのも素晴らしい!

「アイドルマスターミリオンライブ!」や「アイドルマスターシンデレラガールズ」のアイドルたちがアニメやスマホゲーム化で動く姿をずっと見てきていたため、こうしてMマスの担当アイドルが活き活きと歌い踊る姿をじっくりと見れるのはやはり感動もひとしおですね……。

パフォーマンス

エムステライブ独特のシステムとして、『パフォーマンス』という特殊アピールをアイドルにさせることができます。

ライブ中にユニットのアイドルを選べる画面が出てきたら、『パフォーマンス』をさせたいアイドルを選びましょう。

アイドルを選ぶと315プロのエムブレムが出てきます。

長押しするとエムブレム上の数字が加算されていくので、ちょうど100になるよう上手く長押ししましょう!

100に近いほど高いスコアポイントを稼ぐことができますよ。

『パフォーマンス』でのスペシャルなアピールも、担当にはたまらないですね~!

ユニット曲が揃ってる!

アイマス作品で忘れちゃいけないのが楽曲です!

エムステではMマスに登場する全ユニットのユニット曲が最初から収録されています。

なのでどのユニットの担当Pも、思う存分担当ユニット曲を遊ぶことができちゃうんです。(ただし、プロデューサーレベルを上げないと解放されない曲もあり)

Mマスの楽曲も、他アイマス作品の例に漏れず、良すぎる曲揃い。

ステージで輝くアイドルのダンスと合わせて、歌も目一杯堪能しましょう!

好きな未来目指してレッスン!

エムステではアイドルカードのレベルを上げていく他に、カードの成長限界を引き上げる『スペシャルレッスン』というものがあります。

プロデュースなどで入手できる専用のアイテムを使って『スペシャルレッスン』を続けていくと『チェンジ』、つまりカードのランクを上げることができます。

いわゆる『覚醒』や『特訓』ですね。

この『スペシャルレッスン』がまー可愛い!

デフォルメされたアイドル、ちびキャラがなんとも可愛らしく動くんですよ!

ちまっこくなったアイドルたちにとっても癒やされます。

『チェンジ』をして成長したアイドルは、衣装も変わります。

育てたアイドルがどれほど輝いた姿を見せてくれるのか……。

ぜひ自分の手でアイドルをプロデュースして、その眼で確かめてみてください!

熱いパッションでトップアイドルへ導くのだ!

魅力的な男性アイドルと、その魅力をより一層引き立ててくれるユニット曲が揃う「アイドルマスターSideM」。

エムステはそんな「アイドルマスターSideM」の新たな魅力を感じることのできるゲームです。

まだ「アイドルマスターSideM」を遊んだことがないと言う人でも、エムステを始めればきっとお気に入りのアイドルが見つかっちゃうハズ!

315プロダクションのアイドル46人と、自分も含めた全国の同僚Pがあなたのプロデュースを待っていますよ!

 

AppStoreアプリダウンロードページ(iPhone)

GooglePlayストアアプリダウンロードページ(Android)

アイドルマスターサイドエムライブオンステージ公式サイト:

http://side-m.idolmaster.jp/lo-stage/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

ANIMATION-BOOK

ANIMATION-GOODS

-ゲーム
-,

Copyright© あにZねす , 2017 AllRights Reserved.