スタッフ増員!

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、6月より新しいスタッフの方が加わりました!
プロフィールは こちら から。
新スタッフ共々「あにZねす」を更に盛り上げて参ります。
今後とも当サイトをよろしくお願いします。
(*・ω・)*_ _)ペコリ

オススメ記事 ゲーム

【PS VITA】ライターのおすすめアクションソフトランキング5!!

投稿日:

世の中にゲーマーを名乗るものは数多く存在しますが、真のゲーマーならばスマホゲームでは無く専用のゲーム機を持ってプレイしているのではないでしょうか? 中でも通勤通学時にも手軽にゲームを楽しむことのできる携帯ゲーム機はゲーマー必須のアイテムといっても過言ではないでしょう。かくいう私も携帯ゲーム機には長い事お世話になっていますw

数ある携帯ゲーム機の中でも私が特にプレイしているのはPS VITAになります。その中でもアクション系のゲームをプレイする事が多いのですが、今回はそんなPS VITAのアクションゲームからおすすめのソフトをランキング形式でご紹介したいと思います。

ガチゲーマーはもちろんの事、これからゲームを始めようかという初心者の方にもおすすめしたい程の名作を揃えたので、是非ともご覧ください♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5位 ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり

まずは第5位「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」になります。

日本のゲーム史に輝くドラゴンクエストシリーズの中でもアクションRPGとして生まれた作品の第2作目で、2016年5月にPS3 PS4 PS VITAの三つのプラットフォームで発売されました。

ドラクエの名を冠しているので当然発売元はスクウェア・エニックスなのですが開発はコーエーテクモゲームスです。コーエーテクモゲームスといったら無双シリーズでお馴染みの会社なのですが、なんと本作の開発チームも無双シリーズを手掛けたω-force(オメガフォース)になるのです。

その為か操作感としてはかなり無双に近く、まさにドラゴンクエスト無双と呼んでも差し支えない作品となっています。

これまではRPGとして触れていたドラクエの世界をアクションでもって駆けまわる解放感はファンなら感嘆の声を上げてしまう所ですが、やはり本作の魅力は無双とも言える対多数の戦闘。しかも、ドラクエファンなら誰もが知っているモンスター達を馴染みの呪文や技を持って次々となぎ倒して行くのは爽快の一言!

ドラクエファンならずともおすすめの作品ですよ♪

4位 地球防衛軍3 PORTABLE

第4位はXbox 360で発売された同名タイトルを2012年に移植リメイクした「地球防衛軍3 PORTABLE」になります。TPS(サードパーソン・シューティング)なんだからシューティング枠じゃないの? とか思うかもしれませんが、安心してください。れっきとした3Dアクションゲームですw

本作の特徴はなんといっても大量の敵。群がる巨大昆虫。空を覆う大量のUFO。日本の特撮映画や海外のハリウッド映画がそのままゲームになったかのような世界観で、宇宙から飛来した侵略者相手に地球防衛軍の一員として戦います。

一見初心者には難しそうに感じるかもしれませんが、操作方法はある程度の自動照準のノーマルモードに完全セルフのテクニカルモードの2種類があり、難易度はイージーからノーマル → ハード → ハーデスト → インフェルノ の5段階が設定可能で、初心者から玄人まで満遍なくカバーされています。

また本作は多種多様な武器集めも醍醐味の一つになりますが、その数はレンジャーだけで200種を軽く超えるほどで、PORTABLE版のみのゲストユニットであるペイルウイングの武器も入れると実に400種に迫る勢いですので、やり込み要素しては文句なしの出来です!

年内に最新作である5が発売されそうな地球防衛軍ですが、最新作を前に手馴らしとしてプレイするのも良いかもしれませんよ。

3位 イースVIII -Lacrimosa of DANA-

お次は日本ファルコムが送る代表的シリーズの最新作「イースVIII -Lacrimosa of DANA-」です。私はかなり熱狂的な日本ファルコムファンなのでイースシリーズは大好物な上に本作はかなり気にいっているのですが、上位二つが強すぎて涙の第3位です。

PS4版が発売されたのが記憶に新しい本作ですが、VITA版は2016年の7月に発売されました。ハイスピードアクションRPGというだけあって、本作の特徴はそのスピード感と言えます。

通常の移動もさることながら主人公アドル達の使うスキルもボタン割り振り制の操作方法の上、カウンターアクションのフラッシュムーブフラッシュガードも加わると、かなりスピード感のある戦闘が楽しめます。

またイースシリーズではお馴染みとも言える楽曲の良さも健在で、冒険を楽しむプレイヤーのテンションを上げてくれる名BGMが盛り沢山。加えて漂流村の開拓クエスト、漂流民たちと総力を挙げて行う迎撃戦に、ミニゲームである釣りと、周回プレイをする回数で得られる特典など、やり込み要素もばっちりです!

私が3周もしてVITAのトロフィーで初の100パーセントに到達した名作です。ぜひプレイしてみてください!

2位 GRAVITY DAZE

VITAのアクションといったら本作は絶対に外す事が出来ないと誰もが納得するであろう一作「GRAVITY DAZE」が第2位になります。

これまでPS VITAの作品は数多く発売されてきましたが、本作ほどVITAの機能を最大限に発揮したゲームはそうそう無いのではないでしょうか。

やはり特筆すべきは本体のジャイロセンサーを駆使した独特な操作性にあり、正直慣れないとなかなか上手く操作が出来ない事もあるようですが、一旦その操作方法に慣れてしまえば、あたかも自由に空間を浮遊しているような錯覚に陥ってしまう程の秀逸な操作感となっています。

そして開発元のSCEジャパンスタジオといえば、名作『ICO』や『ワンダと巨像』などでも見受けられる独PX特な世界観が魅力の一つであり、そんな魅力は本作にも十分に受け継がれています。

現在PS4版も発売されている本作ですが、私としてはやはり本作はVITAで楽しんでもらいたいと思いッてしまいます。

さあ、あなたも一緒に空へ落ちましょう♪

ちなみに…

本作の正式タイトルは『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動』なのですが、この長い副題は洋画の名SF作品としても知られるスタンリー・キューブリック監督の『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』のオマージュだそうですよw

1位 GOD EATER 2 RAGE BURST

第1位は今やアニメにコミック、パチスロにソーシャルゲームなど幅広い展開をし、PSのアクションといったらやっぱりこれとも言うべきGOD EATERシリーズから「GOD EATER 2 RAGE BURST」です。

現行での最新作はPSPの「GOD EATER BURST」をリメイクした「GOD EATER RESURRECTION」ですが、やはりおすすめといったら私は本作一択になりますね。

PSプラットフォーム随一のハンティングゲームとして名高いシリーズの中でも本作はまさに最高進化とも言える出来で、音楽、ストーリー、やり込み要素と、どれを取ってもプレイヤーを満足させる事間違いなし! 私もかなりやり込んだ口ですが、2015年の2月に発売されたにも関わらず未だに引っ張り出してはやっているほど好きな作品ですw

ハンティングアクションでよくモンハンと比較される事もある本作ですが、その特徴は戦闘のスピード感。特にRAGE BURSTより実装されたブラッドレイジによって生み出される更なる速度アップはかなりのもので、正直初めてブラッドレイジを使用した時は振り回される事必死でしょうw

そして本シリーズの特徴の一つでもある重厚なストーリーについても、オシャレ度の高いOPから始まる本作のストーリーはまさに一つの終着点とも言えるものとなっていますので、その感動のラストを是非自らの手で確認して欲しいものですね。

さあ、血の衝動を 解き放ち神を喰らえ!

ちなみに…

作中のアニメーションは質の高いアニメーション制作で定評のあるufotableが手掛けています。2015年と2016年に放送されたアニメ版も制作がufotableになるのでファンとしても全く違和感が無かったですね。

まとめ

如何でしたでしょうか?

全力で私の個人的おすすめで構成されたランキングでしたが、全体的にスピード感のあるアクションが多めとなりました。

  • 5位 ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり
  • 4位 地球防衛軍3 PORTABLE
  • 3位 イースVIII -Lacrimosa of DANA-
  • 2位 GRAVITY DAZE
  • 1位 GOD EATER 2 RAGE BURST

ゲームのジャンルの中でもRPGと並んで人気の高いアクションですので、今回ご紹介した作品以外でも名作は数多くあります。とりわけ携帯ゲーム機であるPS VITA は据え置き機と比較するとそのプレイの手軽さが売りとなっていますので、アクションはその中でもさらに手軽に出来るジャンルと言えるでしょう

これからますます気温が高くなっていきますが、そんな暑い日は携帯ゲーム機を持って涼しい所で心を熱くするアクションをプレイするのもまた一興ですよw

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

ANIMATION-BOOK

ANIMATION-GOODS

-オススメ記事, ゲーム
-, ,

Copyright© あにZねす , 2017 AllRights Reserved.