スタッフ増員!

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、6月より新しいスタッフの方が加わりました!
プロフィールは こちら から。
新スタッフ共々「あにZねす」を更に盛り上げて参ります。
今後とも当サイトをよろしくお願いします。
(*・ω・)*_ _)ペコリ

オススメ記事 テレビアニメ

疲れた日々に潤いを。癒し系ほのぼのアニメ【しろくまカフェ】のススメ

更新日:

ストレス社会と言われる昨今。皆さまも日々の疲れやストレスを癒す為に様々な工夫をしているかと思います。身体を癒すのに休日はのんびりと過ごしたり、思い切って少し遠出して温泉に浸かるなんていうのも良いですよね。では心を癒すにはどうすれば良いでしょうか?

都会の喧騒を忘れた自然の中で森林浴をしたりヒーリングミュージックを聞いたりするのも効果的ですね。また、可愛らしい動物を見たり触れたりする事によっても癒しの効果が高いとされています。

しかし、おいそれと家で動物を飼うわけにもいかず外に出るのも億劫な程疲れきっている時もあると思います。そこで今回はそんな時にこそ自宅に居ながらアニメを観るだけで癒されてしまうという癒し系動物ギャグアニメしろくまカフェ」を皆さまにご紹介します。

観ているだけで癒される他に笑いあり時に切ない話もあり、またアニメファンにしてみれば驚きの内容に軽い興奮まで覚えてしまうという素敵な作品ですので、どうぞご覧ください♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アウトライン オブ しろくまカフェ

しろくまカフェは2012年から2013年までに放送されたアニメで、ヒガアロハ 氏の原作漫画は現在集英社より発行されている『Cocohana』にて連載しています。

その世界観は様々な言葉を話し、意志の疎通も普通にできる動物達が人間社会に溶け込み日常を送っているというもの。主人(熊?)公であるシロクマ君はカフェを経営し人間動物問わず繁盛している。また、動物園での動物達はアルバイトとして動物園に勤務していたり、メインキャラクターであるパンダ君はしろくまカフェの隣にある中華風の豪邸に家族と住んでいる。

そんなほのぼのとした世界でありながら動物達は一切デフォルメされておらず、体高や生体などはあくまでリアル準拠なので、それを逆手に取ったシュールギャグも本作の売りの一つとなっています。

メインキャラクターは3匹と1人

作中では様々な動物達が登場するのですが、その中でもメインとなるキャラクターはしろくまカフェの店長であるシロクマ君、カフェの常連客のペンギンさんパンダ君、そしてカフェのアルバイトである笹子さんの3匹と1人。

物語はこのメインキャラクター達の周囲にいる人間や動物達やカフェの客などの絡みによって進んでいきますので、メインキャラクターの紹介と共に関係するキャラクターも紹介してみましょう。

シロクマ君

カナダのハドソン川で三つ子の末っ子として生まれたとされるしろくまカフェのオーナーにして本作の主人公。なんでも器用にこなす上に経営手腕にも長け、やや策略的な面もあるが友情にあつく、それでいて周囲へのさりげない気配りも欠かさないというハイスペックイケメンだが、残念なダジャレを好み虚言癖もあるw

好物はアザラシだが、セイウチやクジラも食べる。

関連するキャラクター

グリズリーさん

シロクマ君の幼馴染でバーを経営するワイルド系イケメン熊。鮭や蜂蜜、蜂の子が好物。

ペンギンさん

しろくまカフェのカフェモカが好きな常連客であるコウテイペンギン。アパート経営者にしてコンビニの店長でもある為お金に不自由は無く、シロクマ君やパンダ君と比べると常識人枠に入るメンバーのツッコミ役

これだけ見るとハイスペックなように思えますが、そそっかしくお節介焼きな面がある上に意中の相手には度々常軌を逸した行動に移る為にイケメンとはいえない悲しい存在w

ペン子さん's

ペンギンさんの意中の相手でパン屋で働いているペンギン。当初は1羽かと思われたが実は7匹でしたという衝撃の展開を迎える事でペンギンさんを追いこんでいく。アニメオリジナルキャラクター

パンダ君

しろくまカフェの隣に住んでいる店の常連客で、動物園で週2回のアルバイトをしている。のんびりマイペースで精神的に幼い面がある為か思った事をそのまま相手に伝えてしまったり、自己中心的な考え方が見え隠れする。しかも怠け者の面があるなど救いようのない感もしてしまいますが、なぜか憎めない本作のマスコット的ポジション兼天然のボケ役

好物はもちろん竹に笹w しろくまカフェではもっぱらコーヒーと竹の大盛りを注文。

パンダママ

出典:SOLILOQUY

パンダ君のお母さん。アイドルグループ『ヤマアラシ』のファンで、キングペンギンさんとよくコンサートへ行っている。おっとりとしていて周囲からセレブママと呼ばれる事もあるが、息子の怠惰っぷりをみて育て方を間違えてしまったのではないかというのが目下の悩み。

息子へのお仕置きに掃除機で吸うというのは本作の大定番w

吸~わ~な~い~で~

笹子さん

多少天然ボケで全体的に人の言動の裏を読むことを苦手としているが、その性格は明るくしっかり者で要所でボケもツッコミもこなすしろくまカフェのアルバイト

一応常識人枠だが時折とんでもないミスをしたりするw

しろくまカフェにはナマケモノを運んだ時に成り行きで働く事になる。身長はちょっとだけ高いらしい。

半田さん

パンダ君が働いている動物園の飼育員。真面目で優しい性格の為か、子供と老人と動物にモテモテ。

ペンギンさんの経営するアパートに住んでいて、笹子さんの事が好き。

エクストラ!!

パンダ君が働いている動物園で働く同僚にして準メインキャラクター

礼儀正しくマイペースな性格だが動物園のラマコーナーがあまり注目されない事が悩み。笹子さんより年下で、以前は同じ町に住んでいたらしい。

ちなみに私的に本作一押しのキャラクター♪ 哀愁漂う独特な表情や雰囲気で、ラマさんが出てくる回はついニヤけてしまう程w

超豪華声優陣!!

しろくまカフェに登場する愛すべきキャラクター達に命を吹き込むのは他の作品ではなかなか見られない豪華な声優陣になります。

  • シロクマ君……櫻井孝宏:『コードギアス反逆のルルーシュ(枢木スザク)他多数
  • ペンギンさん……神谷浩史:『物語シリーズ(阿良々木暦』他多数
  • パンダ君……福山潤:『暗殺教室(殺せんせー)』他多数
  • 笹子さん……遠藤綾:『マクロスF(シェリル・ノーム)』他多数

とメインキャラクターからして豪華ですが、その脇を固める準メインキャラクター達に至っても

  • グリズリーさん……中村悠一:『魔法科高校の劣等生(司波達也)』他多数
  • パンダママ……森川智之:『ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-(宗方京助)』他多数
  • ラマさん……小野大輔:『ジョジョの奇妙な冒険(空条承太郎)』他多数

と実に豪華な面々。しかも豪華なのはレギュラー陣だけではなくほんの数回しか出てこないようなキャラクターや回想に出てくるだけの端役に至るまでその殆どがどこかのアニメのメイン所で聞いた事のある声ばかり。

どうやら制作側がセールスポイントの一つとして仕掛けられた事のようですが、これだけ豪華な面々だと演技も安定しますし、声優ファンならずとも作品を楽しむ十分なポイントと言えます。

ちなみに…

出演している他の声優には谷山紀章・檜山修之・平川大輔・ 杉田智和・下野紘・花澤香菜・井上喜久子・能登麻美子・田村ゆかり・小林ゆう等々、アニメ版オリジナルキャラクターも多く出演していますが、それでもこの面々は豪華ですよねw

ほのぼのギャグだけでは無いんです!

しろくまカフェの魅力はほのぼのした世界観とそれを支える豪華な声優陣だけではありません。

中でもパンダ君のダルバイト先の先輩であり、パンダ君が父のように慕っている常勤パンダさんが動物園を去る事になる回はパンダ君の切ない思いペンギンさんの友への叫びなど涙無しでは観られないほどで、私も放送当時TVの前で号泣した覚えがあります。

基本的にはシロクマ君のダジャレネタやパンダ君のボケなどのギャグで大半を占められているのですが、半田さんと笹子さんの恋愛模様や要所で挟み込まれるちょっと良い話も随所にちりばめられています。

最後に

本記事を執筆するにあたって情報を整理していく中でウィキペディアを見てみるとジャンルに『子供向けアニメ』と記載されていますが、この作品の魅力は大人にこそ伝えたいと感じます。

しろくまカフェの世界では人間と動物が共に過ごしている為両方が作品に登場するのですが、実際の登場人物は圧倒的に動物の方が多いという異色のアニメです。

動物ならではの可愛らしい姿に癒されたり、キャラクター達が繰り出すギャグに笑い、そしてスパイスのように訪れるちょっと良い話に頬を緩ませる。それこそが日々疲れている大人達に癒しをもたらしてくれるこの作品の魅力だと言えます。

現在2期についての情報は一切出ていませんが、しろくまカフェは昨今のTVアニメでは珍しい全50話の大ボリュームです。しかも1話につき2つのお話をする事が殆どなので、実質100話近いボリュームになります。

2期を望む声も多いですが、まだ観ていない方はもちろんの事、既存のファンも今一度しろくまカフェを観てみませんか?

疲れた日々に癒しを与える「しろくまカフェ」おすすめの一作です!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

ANIMATION-BOOK

ANIMATION-GOODS

-オススメ記事, テレビアニメ
-, ,

Copyright© あにZねす , 2017 AllRights Reserved.