スタッフ増員!

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、6月より新しいスタッフの方が加わりました!
プロフィールは こちら から。
新スタッフ共々「あにZねす」を更に盛り上げて参ります。
今後とも当サイトをよろしくお願いします。
(*・ω・)*_ _)ペコリ

テレビアニメ

【CHAOS;CHILD】シリーズ4作目はCHAOS;HEADの正統続編! 感動のラストに刮目せよ!‐アニメ編‐

更新日:

ヒットメーカーとして知られる志倉千代丸が企画・原作を手掛ける科学アドベンチャーシリーズは、これまで4作品全ての作品がアニメ化されている事はアニメファンには周知の事かと思いますが、今回はその中でも現在の最新作である「CHAOS;CHILD」のアニメ版についてご紹介したいと思います。

TVアニメ版CHAOS;CHILDは2017年1月に放送された作品ですので、皆さんもまだ記憶に新しいのではないでしょうか。

制作は現在放送中の夏アニメ『異世界食堂』や同じくこの夏に総集編劇場版を公開する『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤシリーズ』を手掛けるSILVER LINKです。

全12話の1クールで放送された本作ですが、前評判と比較すると誠に遺憾ですがネットでの酷評も多い少し不遇な作品であると言えます。しかし落ち着いて見てみると決して悪い作品というわけではないので、今回はそんな不遇な作品の評価を払拭すべくご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0話から始まるアニメ版

本作の第1話を見た人は頭にクエスチョンマークが数多く浮かんだのではないでしょうか? かくいう私も「あれ? 見る作品間違えたかな?」と感じてしまう程で、目の前に流れる映像はどう見てもCHAOS;HEADのそれです。

実はこれは第1話拡大スペシャルとして、本編1話を放送する前に前作にあたるCHAOS;HEADをダイジェスト版で放送する、0話を放送するという演出でした。

しかもこの0話はただ単に前作のダイジェストを垂れ流すというものではなく、始めと終わりにしっかりと本編の繋ぎを入れている辺りにくい演出ですね。

ちなみにこういった演出はもちろんアニメオリジナルで、本作がCHAOS;HEADの正統続編である事、またCHAOS;HEADで使用されていた設定等がそのまま引き継がれていることなどから、アニメから入る新規ファンへの配慮なのかもしれません。

出典:Twitter

全12話のようですが…

本作はTV放送分全12話ですが、アニメ版で最ももったいないと感じたのはこの一点になります。

2008年に放送された前作CHAOS;HEADも全12話でしたが、CHAOS;HEADも原作のボリュームに対して尺が追い付いておらず入門用のダイジェスト版的仕上がりになってしまっていましたが、やはり同じ12話の本作も似たような道を辿ってしまっている感は否めません。

とはいえ1クールと考えた場合非常に上手くまとめてあり、次項でご紹介するTV未放映の13話を付けくわえた場合、作品としての完成度は決して低くは無いと考えられます。

だがしかし…

1クールと考えれば上手くまとまっているとはいえ、やはり考えてしまうのは2クールであったならという仮定。
STEINS;GATE』や『ROBOTICS;NOTES』が2クールだっただけに「きっと今回も2クールかな?」と漠然と待機していたらビックリの12話
前作に倣ったとは考えにくいのですが、やはり大人の事情ですかね…。

絶対に外してはいけないTV未放映の13話『SILENT SKY』

TV放送は全12話でしたが、最終話である12話において未放送エピソードである『CHAOS;CHILD SILENT SKY』の制作が発表されました。

実は原作CHAOS;CHILDというゲームはまず最初に共通ルートをクリアした後に各ヒロイン達の個別ルートをクリアして、そこまで周回プレイをして初めてトゥルーエンドルートが開ける使用になっており、本アニメ版は共通ルートと幾つかの個別ルートを上手く組み合わせてあるシナリオになっています。

その為、TV放送分では物語の真のラストに辿りついたとは言えず、ある意味ではこのSILENT SKYの発表は必然とも言えると思います。

CHAOS;CHILD SILENT SKYはつい先日の同年6月17日にイベント上映されて非常に高い評価を受けました。

内容はSILENT SKYの名称が示す通り原作ゲームのトゥルーエンドルートに沿った内容で、便宜上13話とされていますが、実質13話と14話といった感じになっています。

個人的にはCHAOS;CHILDという作品の全ルートはある意味でこのSILENT SKYに全てが集約していると感じますし、ましてやトゥルーエンドが抜けているお話では評価が上がらないのも無理はない話でしょう。

もしまだ見ていない方がいたら是非視聴して見て下さい。評価が変わりますよ!

ちなみに…

ゲーム版CHAOS;CHILDでエンディングは全て『○○Sky Eed』と表示されます。共通ルートは『Over Sky』、有村雛絵が『Dark Sky』、香月華が『Deep Sky』、山添うきが『Another Sky』、来栖乃々が『Real Sky』、そしてトゥルーエンドが『Silent Sky』になります。
おや? 誰か足りませんね?

まとめ

如何でしたでしょうか?

ネットが普及している今の世の中では自分の見た事の無い作品でもネットで検索を掛ければ様々な情報が手に入ります。そこには良い評判もあるのですが当然悪い評判も存在します

アニメの場合はまだ見ていない作品を事前にネットで調べて、その後に取りあえず1話を見てみて判断する事が多いと思います。今回ご紹介したCHAOS;CHILDだと、そういった方法だと割と高い確率で弾かれてしまうかもしれませんね。

もちろん私が原作もしっかりとやっているファンの一人であるので贔屓目で見てしまっている事もあるかもしれませんが、しかし実際にはTV未放映の分も込みで考えれば決して悪い作品では無いと言えます。

この機会に今まで1話で弾いていた作品も見なおしてみると案外良作だったりするかもしれませんよ?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

ANIMATION-BOOK

ANIMATION-GOODS

-テレビアニメ
-,

Copyright© あにZねす , 2017 AllRights Reserved.