スタッフ増員!

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、6月より新しいスタッフの方が加わりました!
プロフィールは こちら から。
新スタッフ共々「あにZねす」を更に盛り上げて参ります。
今後とも当サイトをよろしくお願いします。
(*・ω・)*_ _)ペコリ

テレビアニメ

野球好き必見!【おおきく振りかぶって】とは

更新日:

ookikufurikabutte

2年前から好きなアニメ。野球をしていたことがキッカケで知る事ができたアニメ。

主人公の野球を通して成長する姿が、野球を好きな人にはたまらない。

野球のアニメには珍しい癒される要素がある。

漫画も読んでいますが、今回はアニメをご紹介。

 

ひいきの「エース」?

埼玉県の公立高校である西浦高校へと進学した主人公の三橋 廉(みはし れん)

mitsuhashi

中学時代は、祖父の経営する群馬県の三星学園に在籍していた。

三星学園の野球部では、「エース」ピッチャーだった。当時、「エース」になれるほどの実力は、三橋にはなかった。

そのため、祖父の力で「エース」になったのだとチームメイトから言われ続けていた。

野球の試合では、同じ野球部のチームメイトから声をかけられることがなかった。いつもマウンドにひとりぼっちだった。

三橋は、野球がチームプレイだということを経験できなかった。

そのためか三橋は、とても暗く自信のない性格になってしまう。

しかし、野球は大好きだった。

三橋が、隣の県にある西浦高校に進学したのは、硬式野球を続けたかったから。そしてなにより、自分自身を成長させるためだった。

野球漫画はたくさんあるが、主人公の成長していく姿が分かりやすく描かれている。

なにより、出会いの大切さチームプレイの大切さに、とても感動するストーリーとなっている。

 

三橋に影響を与える周りの紹介

阿部 隆也(あべ たかや) 通称:阿部くん

abetatsuya

ポジションは、三橋の女房役でもあるキャッチャー。野球の知識が豊富で、キャッチャーとしての技術が高い。

性格が暗く自信のない三橋に、嫌いではないのに、いつもイライラしてしまう。

いつもイライラしているためか三橋は阿部くんが苦手である。

そんな三橋だが自信を持ち始めるキッカケは、いつも阿部くんの存在が大きい。三橋と阿部くんのアニメでの会話には、ついつい感動してしまう。

三橋は、阿部くんのリードなしでは、自信を持って投球することができない。

三橋の投球は、いつも阿部くんのリード影響が大きい

 

田島 悠一郎(たじま ゆういちろう)

tajima

ポジションはサードで、チームの中で1番頼れる存在。野球に限らずスポーツなら何でも出来る。どんなスポーツでも上手い。

そんな田島だが、一人になるのが一番苦手。テストの成績は、チームの中で三橋と田島が揃って悪い。

食べ物に目がない。よく三橋の家にで一緒にご飯を食べている。

共通点があるのか、三橋と気が合い仲がとても良い。田島と三橋の仲の良さが、野球の試合で活躍する原動力となる。

 

モモカンの存在

momokan

硬式野球部の監督女性ながらにして西浦学園を率いる。

本人もソフトボール部に所属していた経験を持つ。

西浦高校・硬式野球部の廃部の危機を救った一人。

チームメイト一人一人の性格をしっかり把握している。そのためチーム作りが上手い。

三橋に関しても、長所と短所を理解しているため、ピッッチャーとしての大切な要素を指導する。

チームの練習メニューなど全て考案する。

 

momokann

 

野球好きにはぜひ見て頂きたい作品である。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

AMAZON-AREA

ANIMATION-BOOK

ANIMATION-GOODS

-テレビアニメ
-

Copyright© あにZねす , 2017 AllRights Reserved.