オススメ記事 ゲーム

新年だからこそ知りたい【2018年注目ゲーム】。ライターの個人的おすすめ5選!

更新日:

前回私の書いた記事で一年全体の事よりも目先のゲームと書きましたが、なんだかんだと言って一年の予定というのは気になるものです。

そこで今回は新年も明けてゲーマーならば誰もが気になる2018年に発売予定とされているゲームの中からライターがの個人的おすすめ作品を5つご紹介していきたいと思います。

ライターの個人的なおすすめといえど、アクションアドベンチャーシュミレーションRPGとジャンルは出来るだけ被らないように厳選してのご紹介となっていますので、多くのゲームファンの参考となれば幸いです♪

それでは順にご紹介していきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LEFT ALIVE

まず最初にご紹介するのは「LEFT ALIVE」です。

本作はスクウェア・エニックスがPS4・steamにて2018年の発売を予定しているサバイバルアクションゲームで、今尚根強い人気のあるフロントミッションシリーズの最新作に当たります。

上記の動画が現状公開されている公式トレーラーなのですが、僅か2分にも満たない短い動画ながら作品の雰囲気を十分に感じ取れるもので、フロントミッションファンならずとも戦争系シュミレーションゲームが好きな人は是非ともチェックしておいて欲しい作品となっています。

戦時下という極限状況における人々の物語を描く全く新しいサバイバルアクションである本作を見逃す手はありませんよ!

CODE VEIN

続いてご紹介するのは「CODE VEIN」になります。

バンダイナムコがPS4・Xbox One・Steamのプラットフォームで展開予定のアクションRPGとなっています。

上記の動画が公式トレーラーになるのですが、ゲームファンならばバンダイナムコのアクションRPGという事でピンときた人も多いかと思いますが、作品の雰囲気としては同社の『DARK SOULS』シリーズと『GOD EATER』シリーズを足して二で割った感じですよね。

それもその筈で、本作のディレクターは『GOD EATER』シリーズの総合ディレクターとしても知られる吉村広氏が務めています。

『GOD EATER』シリーズや『DARK SOULS』シリーズが好きな方はもちろんの事、退廃的な世界観やスタイリッシュにしてコアで骨太なアクションを求める方には是非おすすめしたい一作です♪

十三機兵防衛圏

出典:13sar.jp

続きましてご紹介するのは「十三機兵防衛圏」です。

こちらはヴァニラウェアと『真・女神転生』シリーズや『ペルソナ』シリーズでお馴染みのアトラスが送る合同プロジェクトの一環で2018年にPS4・PS VITAで発売予定の作品になります。

上記の動画からもかなり作品の雰囲気を感じ取れますが、正直ライター的には今回ご紹介する作品の中で1、2を争う程に注目している作品です!

作品内容としては公式サイトでのジャンルが『ドラマティックアドベンチャー』となっていますが、一部の情報や公式トレーラーからは『シュミレーションRPG』としての要素も垣間見えますね。

加えてやはり気を引くのは美しいイラストをそのまま詰め込んだようなグラフィックに、世界観の奥行きを何層にも深くせんとする崎元 仁氏の手掛ける音楽です。

発表は2015年ですので今年で発表から3年。今年こそはお願いします!

ちなみに…

本作の音楽を担当する崎元 仁氏。基本音楽の担当者の名前なんか知らないというゲーマーは多いと思いますが、手掛けた作品の中に『タクティクスオウガ』や『戦場のヴァルキュリア』と言えば分かりやすいでしょうか。まあ…、中には『オプーナ』とかもありますけどねw

英雄伝説 閃の軌跡4 -THE END OF SAGA-

続きましては「英雄伝説 閃の軌跡4 -THE END OF SAGA-」になります。

本サイト、というよりも私が個人的に大好きな作品であり、前作3も逐一記事にしていた『英雄伝説 閃の軌跡』シリーズの最新作にして最終作です!

3が発売されたのが2017年の9月なので現状半年も経っていない中で早くも続編の発表がされていますが、3をプレイしてクリアしているファンからしてみればある意味当然の帰結かもしれません。

発売日は2018年の秋ですが、それまでの間にこれまでPS VITAで発売されてきた第一作と第二作がPS4用にリマスターされて順次発売されます。

その為PS4であればシリーズの最初から最後までをガッツリと遊び倒す事が出来るので、未だシリーズで抜けのある人は秋までにプレイしておく事をおすすめします!

現状公式での動画はアップされていませんがティザーサイトは既に公開されていて、上記の画像のリィンを見るだけでも4への期待は高まるばかりです♪

ああ、秋が待ち遠しいw

ちなみに…

PS4でリマスターされる旧作は2018年3月8日に第一作が、2018年4月26日に第二作が発売されます。共にタイトルの末尾に『改』が入っていますが、グラフィック以外の変更点や追加ポイントも気になる所です。

ANONYMOUS;CODE

最後にご紹介するのは「ANONYMOUS;CODE」です。

つい先日に科学ADVシリーズ最新作『OCCULTIC;NINE』を発売した志倉千代丸氏プロデュースの最新作の位置付けになっていて、予定では2017年に発売される所をしれっと延期した作品になります。

上記の動画はティザームービーなのですが、最初の動画の公開が2015年次の動画の公開が2016年と来ていたので2017年にしっかりと発売されると思いきや、気がつけば年が明けて2018年ですねw

現状で本作は具体的に2018年発売予定とされているわけではないのですが、期待を込めての選出となります。

さあ、神をハッキングするのはいつだ!?

ちなみに…

志倉千代丸氏プロデュースなので流れとしては科学ADVシリーズかと思いきや、実は本作は科学ADVシリーズではないようです。その名もSVN(サイエンス・ビジュアル・ノベル)
 いやほんと、今年こそお願いしますよ。

まとめ

今回ご紹介した作品達は全て具体的な発売日が決まっていない作品達でしたが如何でしたでしょうか。

  • LEFT ALIVE
  • CODE VEIN
  • 十三機兵防衛圏
  • 英雄伝説 閃の軌跡4 -THE END OF SAGA-
  • ANONYMOUS;CODE

2018年はこの他にも『キングダムハーツ3』や『ファークライ5』など期待値の高い作品が多く発売されますが、今回ご紹介したのはライターが注目していて、尚且つ今後続報が出たらライターが積極的に特集を組んでいこうと考えている作品でもあります。

中でも『十三機兵防衛圏』と英雄伝説 閃の軌跡4 -THE END OF SAGA-はリアルに首が長くなってしまう程期待しているタイトルになりますw

皆さんも2018年に注目しているゲームはありますか?

無い方は是非とも今回の記事を参考になさって下さい♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

-オススメ記事, ゲーム
-, , , , , , ,

Copyright© あにZねす , 2018 AllRights Reserved.