スタッフ増員!

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、6月より新しいスタッフの方が加わりました!
プロフィールは こちら から。
新スタッフ共々「あにZねす」を更に盛り上げて参ります。
今後とも当サイトをよろしくお願いします。
(*・ω・)*_ _)ペコリ

オススメ記事 ゲーム

【脱出ゲーム】スマホで遊べるライターおすすめ脱出ゲームアプリ5選!

更新日:

本格的なゲームを求めるにはスマホで出来るゲームというのは物足りないものですが、空いた時間に少しだけやるにはスマホゲームというのは非常に優秀な存在であると言えます。中でもパズルやテーブルゲームなどは誰もがやり方を知っていて人気のジャンルですが、私がおすすめしたいジャンルは『脱出ゲーム』というジャンルになります。

正確に言うと『脱出ゲーム』というジャンルはアドベンチャーゲームから派生したサブジャンルとしてあり、内容は閉鎖された環境に閉じ込められた状況から脱出するのが目的のゲームになります。閉鎖環境からの脱出という意味では古くからありましたが、2001年にフラッシュゲームがネット上で流行ったのと同時期にゲームとしての人気を集めました。

現在では現実世界で行う『リアル脱出ゲーム』なるイベントも開催されるなど独自の地位と人気を手に入れている脱出ゲームですが、今回はスマホで手軽に遊べるスマホゲームの脱出ゲームアプリを厳選して5つご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

rain

出典:iTunes

最初にご紹介するのは「rain」です。

最初に説明したフラッシュゲームで脱出ゲームをした事のある人ならすんなりと入り込めるとてもポピュラーな作品でグラフィック・世界観・ゲーム性などどれもが高水準です。

メインとなる謎解きも脱出ゲーム経験者ならばそれほど難しくは無いのですが、そこはあくまで経験者基準で考えたらと言う事で初心者基準で行くと結構難しい部類になります。

しかし脱出ゲームの基本や奥深さ、面白さや爽快感などほぼ全ての要素がバランスよく詰まっています。加えて、謎を解けなくて進行に行き詰ってしまってもそれほど心配はありません。

アプリ内で攻略に役立つBBSに接続できるので、幾つかあるトピックスから自分の状態に近いものを調べるか、もしくは直接書き込みをして回答を待つなどサポートもしっかりとしてますので初心者にも安心です。

初心者にこそやって欲しい作品ですが、他にも本作を製作してるIzumiArtisanが手掛けるタイトルが幾つかありますので、そちらもおすすめですよ!

ゲーム画面

DOOORS

続いてご紹介するのは「DOOORS」になります。「綴り間違っていない?」とか思うかもしれませんが、安心してくださいこれが正解ですw

本作の特徴は何といってもその手軽さになります。通常の脱出ゲームの場合は画面を移動しながら謎を解いていくのですが、本作の場合は画面はドアのある面一つだけで謎解きが完結します。いわばミニ脱出ゲームと言える問題がシリーズによりけりですが実に30~100もあるというのですからミニとはいえボリュームはバッチリですね。

また、本作の面白い所ではスマホ本体のジャイロセンサーを使用した傾きを使用したりフリック操作を使用したりとスマホならではの謎解きが多く含まれています。

謎解きも手軽なものからちょっと難しいものまで揃っていますのでどなたでも楽しめるおすすめのアプリです♪

ゲーム画面

居酒屋から脱出

続いてのご紹介は「居酒屋から脱出」です。

作品のゲーム性は先にご紹介したrainに近いものがあるのですが、おすすめのポイントとしてはやはりその世界観! rainがシリアスならばこちらはギャグといった感じで、全体的な雰囲気や可愛らしいマスコット(?)などが作り出す世界観は他とはちょっと違う出来上がりを示しています。

謎解きに関してもそれほど難易度は高くなくどれも分かりやすいものばかりですので、可愛らしい雰囲気と相まって敷居の低さもある意味魅力の作品です。

加えて、本作を製作してるナカユビ・コーポレーションは本作の他にも多数の脱出ゲームを手掛けており、そちらも手頃な難易度に可愛らしい世界観と、本作同様おすすめです!

ゲーム画面

四ツ目神

4つ目にご紹介するのは「四ツ目神」になります。ダジャレじゃないですよ?w

これまでご紹介した作品はどれもがある意味で正統派な脱出ゲームでしたが、本作は一風変わってストーリー性を高く持たせたいわば『ノベルス脱出ゲーム』とでも言える作品となっています。

作品全体に流れる雰囲気としては「ひぐらしのなく頃に」や和風ホラーゲームとして名高い「」にもどこか似たような感じがあり、肝心のストーリーも非常にクオリティの高い作品に仕上がっています。

また、ストーリー性を高めた事からなのか全体のボリュームも非常に大きくやり応えは十分過ぎるほどにあって、もはや暇つぶしの領域を超えているともいえますw

最近ではこういったストーリー性を強めた脱出ゲームも数多くあるのですが、中でも私が一番におすすめしたいのは本作になります。

ゲーム画面

スライドプリンセス

最後にご紹介するのは「スライドプリンセス」略して「スラプリ」になります。

これまでご紹介した作品の全てがプレイヤー視点でのゲーム画面であったのに対し、本作は脱出ゲームの中でも珍しいクォータービューの作品で、可愛らしいキャラクターとお供が会話をするパートと探索パートの二つに分かれています。

フラッシュの脱出ゲームに慣れている人は少し取っつき辛いかも知れませんが、本作の高いクオリティはそうした事を差し引いてもやるべき一作と言えるでしょう。

特筆すべきはそのストーリー性で、先程ご紹介した四ツ目神のようにノベルスとして特化したわけではないのですが、ステージを進めていく毎に明らかになる謎にはクリアした時に感嘆の声を漏らしてしまう程です。

また、本作には通常のエンディングの他にトゥルーエンディングも用意されていて、辿りつくにはかなり苦労するかもしれませんが、攻略サイトを見てでもトゥルーエンディングに到達する事をおすすめします。損はさせませんよ!

ゲーム画面

まとめ

如何でしたでしょうか?

  • rain…フラッシュゲームを継承する基本の作品
  • DOOORS…ボリュームたっぷりミニ脱出ゲーム集
  • 居酒屋から脱出…独特な雰囲気のお手軽オーソドックス作品
  • 四ツ目神…ノベルスと脱出ゲームが融合した長編作品
  • スライドプリンセス…ストーリー性も高い2Dクォータービュー作品

rainと居酒屋から脱出が多少ゲーム性が似ているとはいえ、基本的には5つの作品全てで別の方向性を持たせてのご紹介となりました。

フラッシュゲーム全盛期の頃と比較するとスマホアプリで手軽に遊べる分脱出ゲームの人気も以前よりずっと高くなりました。

そのお陰か今回ご紹介した作品以外でも名作は数多く存在しますので、ちょっと空いた時間や暇な時間で何かゲームをしたいなと思ったら、是非とも脱出ゲームで遊んでみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

ANIMATION-BOOK

ANIMATION-GOODS

-オススメ記事, ゲーム
-, , ,

Copyright© あにZねす , 2017 AllRights Reserved.